トップページ > 展示会出展支援サービス

販路開拓の定番「展示会」を大活用

「せっかくお金と時間かけて出展するなら、最大限の効果を求めたい」と誰もが考えますが、多くの企業様が思ったような成果をだせていないのが実情です。実際に中国で開催される展示会を運営し、多くの出展社をみてきた弊社だから、お伝えできることがあります。

「商談を目的としたバイヤーの数」を確認!
中国で開催される展示会に参加された企業様の「来場者は多かったけど一般の人ばかりで、まるで物産展のようだった」という声をよく耳にします。もちろん、スポット的な販売が目的ならよいのですが、そのような展示会では販路開拓は難しいのが実情です。展示会の費用対効果は、「来場バイヤーの質と数」で決まりますので、申込前にしっかりと確認をして、出展する展示会を決めましょう。
「事前に万端の準備」をして展示会に臨む!
中国の展示会でも、その場で具体的な商談になることがありますが、「日本で検討して後日連絡します」という対応をする企業様もいます。中国ではスピードが重要で、このような対応では、後日の商談は期待できません。事前に見積もりを準備したり、決裁権者が商談するなど、機会ロスを防ぎ、1社でも多くの見込先を開拓しましょう。
「速やかな会期後のフォロー」でクロージング!
展示会終了後、せっかく名刺交換をしてもその場限りで終わってしまうという出展社様も少なくありません。フォロー方法が分からないという出展社もいますが、お礼メールをだしたり、改めて面談の調整をすることでクロージング率を高めることができます。

「そんなこと当然でしょ」という企業様でも、「当たり前のことを確実にやる」ことは案外難しいことだったりします。
それは、多くの企業様が証明しています。「何故それが必要なのか」「いつまでに、何をやらなければいけないか」が理解でき、
具体的な方法が分かって初めて万端な準備ができるのです。

ご相談・お問い合わせはこちら

弊社の展示会出展支援サービスの一例
  • 展示会出展におけるブース設営アドバイス
  • 展示会後の挨拶状作成や企業リスト作成
  • 名刺交換先へのアポイント調整・商談・契約同行
  • 展示会後の商談における条件交渉や代行

[ALL JAPAN SHOW IN CHINA 2012の様子]

  • 会場:上海新国際博覧中心

    会場:上海新国際博覧中心

  • 総合受付

    総合受付

  • 中国百貨商業協会幹部による視察

    中国百貨商業協会幹部による視察

  • バイヤーとの商談

    バイヤーとの商談

  • 展示会場の様子①

    展示会場の様子①

  • 展示会場の様子②

    展示会場の様子②

  • 展示会場の様子③

    展示会場の様子③

  • 展示会場の様子④

    展示会場の様子④

  • 一般社団法人 日中経済交流協会
  • 中国百货商业协会

Topへ戻る