トップページ > 販路開拓の流れ

進出で最も重要なことは販路開拓

もし中国でモノが売れなければ、進出もままならず、撤退を余儀なくされます。そう考えれば、販路開拓こそ進出の肝であることがお分かりいただけると思います。当社では、販路開拓サポートに、特に強みをもっています。

中国への進出において、最初にするべきことは「進出の目的を明確にする」ことです。
進出によって、何ができるようになって、どういうメリットがあるか、
一方でどういったリスクがあるのか、を総合的に考えます。
そのうえで、進出となれば進出計画の策定を行います。
組織や予算、スケジュールなどを決めていきます。
そのなかでも、進出方法は特にしっかりと考える必要があります。

販売までの流れ

マーケティング
マーケティングが行うべき仕事は、顧客の声をしっかり聞き、市場の需要を開発し、更に世の中の動きを捉え、自社の行くべき道を探ることです。実は、中国で一番撤退が多い国は日本で、一番成功している国はアメリカです。原因は一つだけ、それはマーケティングです。ただ自社の商品はどのくらい良いか・どのくらい便利か・どのぐらい体にいいか、これだけ訴えても、市場の需要・世の中の動きと合わなければ、結局中国進出を断念するしかありません。今の中国市場が本当に欲しいモノしか売れなくなってきている昨今、消費者が何を求めているかを検証する、適切なマーケティングが求められる時代になってきています。マーケティングをしっかり行い、中国の市場・顧客の声・需要の変化を捉え、正しい販売戦略を組みましょう。
商 標
中国でモノを販売するためには商標を申請する必要があります。また、例えば加工食品であれば成分表示に関する手続きなど、それぞれの商品によって、申請しなければいけないものがでてきます。必要な書類が多く、手続きは煩雑かつ思いのほか時間もかかりますので、専門家に依頼をしたほうがスムーズです。
批 准
申請したものが承認されるまで時間がかかりますので、スケジュールに余裕をもって計画を策定しましょう。
貿 易
FOB、CIF、INVOICEなど、貿易業務では聞きなれない言葉が多く聞かれます。また、必要な申請用紙や手続きも煩雑なので、専門家に依頼をしたほうがスムーズです。
販 売
中国での販売方法は、インターネットやテレビ通販、カタログ販売などや、実店舗での販売などいろいろあります。
また、展示会でバイヤーと商談したり、代理商を通じて販売するなどアプローチ方法も様々です。
それぞれの商品によってターゲットも異なりますので、最適な販売方法を考える必要があります。

ご相談・お問い合わせはこちら

  • 一般社団法人 日中経済交流協会
  • 中国百货商业协会

Topへ戻る